埼玉塗装の相談窓口

より快適なお住まいを実現するため施工の依頼を受け付け

憧れだったマイホームが完成してからしばらく住み続けることで、ところどころが劣化してきたりライフスタイルの変化で使いづらいところが出てきたりなど、今の状況に適した快適性を実現する必要が出てまいります。

今のお客様のご家族構成・年齢・ライフスタイルにも対応できるようなお住まいを作り上げるため、外壁塗装をはじめ屋根工事やベランダの波板の交換、内装リフォームなど、あらゆる施工を受注できます。現在のお客様にとってより理想に近い住宅に仕上げるため、丁寧にヒアリングと施工を実施いたします。

埼玉塗装の相談窓口の特徴

保障期間もお付けした定期的な外壁塗装で皆様をサポート

外壁部分の塗装はおおよそ10年を目安の塗り直しが必要と言われており、それ以上そのままにしておくと塗料が劣化して防水性能が低下していき、建物の耐久性と資産価値の大きな低下を招いてしまう懸念がございます。なぜ10年と言われているかというと、日本で最もメジャーに使用されている「シリコン塗料」の耐用年数の平均が10年とされているからであり、それ以上の耐用年数を持つ塗料を使用されている場合は、15年を目安にすることもできます。

このように長い目で見れば一時的に高額の出費に感じる塗料を選んでも、15年近くの寿命がある場合は後に施工回数が少なく済み、結果的にリーズナブルになるケースが多々ございます。また、クリア剤のコーティングを追加することでさらに3〜4年寿命を延ばすことも可能であり、保障期間も7年〜10年近く特典としてお付けした施工サービスで皆様の快適な生活をサポートいたします。

ライフスタイルに合わせた快適性を求めるための内装工事を

マイホームで生活していく際に皆様のライフスタイルは次第に変化していき、住宅へのニーズも変化することは自然なことです。お子様が生まれ、成長したら個別の部屋が必要になり、自立して社会人になった後は夫婦水入らずの老後の生活が待っています。時にはご両親とともに暮らし始めるケースもあり、その場合にはバリアフリーが求められます。

最も理想的なのはマイホームの設計段階で将来的なニーズの変化を予想して柔軟に対応可能な住宅を建設することですが、それが叶わない場合においても施工で対応できます。段差を少なくしたり車椅子用のスロープを設置したりするなどのバリアフリー化をはじめ、劣化してきたベランダの波板の交換・鉄部の錆びつきを綺麗にして塗装し直すなど、あらゆる施工で理想的な住環境の創造をお手伝いいたします。日々変化し続ける住空間のニーズへ将来的にフレキシブルに対応できるよう、丁寧に施工に励みます。

新築から10年近く経ったマイホームへ外壁塗装などを施します

戸建て住宅・マンション・アパートなど主に一般住宅の定期メンテナンスを生業としており、あらゆる整備を通してお客様にとって理想的な快適な住空間の創造をお手伝いしてまいります。メインは外壁部分の塗装業務であり、劣化して雨水から住宅を守る機能や紫外線から守る機能が低下している状態から、これらの機能を新築当初に近い状態まで回復させます。

屋根工事では外装部分を全て剥がして内部の防水工事まで大規模に行う方法から、苔を高圧洗浄で綺麗にしてひび割れが見つかった部分にコーキングでカバーするなどといった小規模に行う方法まで請け負うことができます。これらの業務には足場の設置が必要不可欠ながら、足場の設置に長い付き合いの会社様がおり、新栄塗装から直接その会社様に依頼することで比較的お安く足場の設置も実施可能です。